笑うアフィリのBeauty Net

可愛い動物達&美容関連商品を紹介しています。
月別アーカイブ  [ 2008年08月 ] 

≪ 前月 |  2008年08月  | 翌月 ≫

オバマ家にふさわしい犬はプードル

オバマ家にふさわしい犬はプードル=米ケンネルクラブ調査

[ニューヨーク 28日 ロイター] 米コロラド州デンバーで開かれている米民主党全国大会では、オバマ上院議員が同党の大統領候補に正式に指名されたが、米国民はオバマ家にふさわしい犬として「プードル」を選んだ。

E1219983596454_1_s.jpg 調査は愛犬家団体の米国ケンネルクラブ(AKC)が4万2000人を対象に行ったもので、プードルは2位のソフトコーテッド・ ウィートン・テリアをわずかな差で押さえて1位に選ばれた。
 AKCのスポークスマン、リサ・ピーターソン氏は「米国民がオバマ家にプードルを選んだのは驚きではない」と指摘。
プードルは全米で8番目に人気の犬であり、ワシントンでは3番目に多い種類だとしている。
 調査ではこのほか、ミニチュア・シュナウザーやビション・フリーゼ、チャイニーズ・クレステッド・ドッグなどの名前も挙がっていた。

2008年8月29日世界びっくりニュースより
[ 2008/08/30 04:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

生後8カ月の子犬、3匹のクマを追い払う

[米ニュージャージー州ワイコフ 25日 AP] 童話『三匹のくま』の女の子も、コッカプー犬を飼っていればよかった!?
パウリーという名前の体重7キロ弱のコッカプー犬 (コッカースパニエルとプードルの交配種) が、日曜の朝、飼い主の家の裏庭に迷い込んだ母グマと2匹の子グマを脅して追い払った。

E1219766193575_1_s.jpg3匹のクマを追い払ったコッカプー犬「パウリー」(AP Photo/courtesy of the Osiasons)

パウリーの戦術は功を奏し、3匹のクマは去っていった。「朝、彼を外に出したところ、彼は裏庭に走っていって吼えはじめました」と、飼い主のフラン・オシアソンさんは語った。
彼女の9歳の息子ヤコブくんは何事かと外へ出て、庭にクマがいると伝えに走って戻ってきた。

彼女は母グマが小グマたちを守ろうとパウリーを追いかけてくるのではないかと心配したが、わずか生後8カ月の子犬には戦術があった。

パウリーは吼えて2匹の小グマを木の上に登らせた。小グマたちはそのうちフェンスの向こう側に降りて、母親といっしょに森に消えていった。

パウリーは生後8週間のときにオシアソンさん一家のところに来たそうだ。オシアソンさんは彼の勇気をたたえた。

北ニュージャージーには勇敢なペットがいるようだ。2006年には、ジャックというトラ猫が、西ミルフォードの庭でクマを追いかけて木に登らせた。

ワイコフではクマは珍しくはないが、オシアソンさん一家は10年間ここに住んでクマが出たのは日曜日がはじめてだと語っている。

パウリーがいれば、彼らがふたたびクマを見ることは当分なさそうだ。

2008年8月27日世界びっくりニュースより

[ 2008/08/29 06:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

飼いネコ、浴槽の下に7週間閉じ込められるも「生還」

ドイツの飼いネコ、浴槽の下に7週間閉じ込められるも「生還」

[ベルリン 26日 ロイター] 
 ドイツ西部の町で、浴槽の下に閉じ込められていたネコが7週間ぶりに救出された。飼い主が26日に明らかにした。モニカ・ホパートさん(60)の4歳の黒い飼いネコ「ボニー」は6月19日、ホパートさんが住むアパートで作業員らが配管の取り換え工事をしているさなかに行方不明となった。

 ボニーが最後に目撃されたのは、工事のため取り外された浴槽が移された近所のアパートだった。

 ホパートさんは、おそらく再び浴槽が元の場所に固定される直前に、ポニーが浴槽の下にもぐり込んでしまったのではないかと語った。

 8月8日に、近隣住民がボニーの泣き声を聞き、救出されたときには、ボニーの体重は元の6キロから2キロにまで減っていた。

 ホパートさんは、ボニーの救出劇は「奇跡」だとし、本当にうれしいと語った。

 発見された時、ボニーは非常に衰弱しており、獣医は安楽死を勧めた。しかしホパートさんがキャットフードを水で薄めたものを与えるなどした結果、今ではホパートさんのベッドに飛び乗るなど、ほぼ正常な状態にまで回復したという。

2008年8月27日世界びっくりニュースより

[ 2008/08/28 08:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

オーストラリアの海に珍しい白いクジラ

E1219740111130_1_s.jpg[オーガスタ(オーストラリア) 26日 ロイター]
西オーストラリア州のフリンダーズベイで、珍しい白いクジラの子どもが撮影された。生後2カ月と考えられている。

 クジラウォッチャーらによると、この子どもは母親と共にあと一月ほどフリンダーズベイにとどまって体力をつけ、十分な大きさになってから夏の間エサを得る南極に向かうとみられている。

8月26日、オーストラリアの海で珍しい白いクジラの子どもが撮影された。whales-australia.com/Steve Mitchell提供写真(2008年 ロイター)

2008年8月26日世界びっくりニュースより
[ 2008/08/27 06:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

“バービーちゃん釣り竿”で州記録の大物をゲット!!

おじいちゃん、孫娘の“バービーちゃん釣り竿”で州記録の大物をゲット

[米ノースカロライナ州エルキン 21日 AP] 「トイレに行くから帰ってくるまで私の釣り竿を持っていてね」、そう孫娘に頼まれたデビッド・ヘイズ氏はピンク色の“バービーちゃん釣り竿”を受け取った……。その後、孫の竿にかかったのはノースカロライナ州記録となる大物のブチナマズだった。

E1219457310645_1_s.jpgヘイズ氏がバービーちゃん竿で見事に釣り上げたのは重さ21ポンド1オンスのブチナマズ。クリスマスに父親がアリッサちゃんにプレゼントした釣り竿だった。アリッサちゃんはこれまでに数匹のブルーギルをこの竿で釣ったことがあったという。

アリッサちゃんがこの釣り竿を持てるくらい大きくなって以来、ヘイズ氏はアリッサちゃんを連れて近くの池に釣りに出かけていた。
今回のブチナマズはノースカロライナ野生生物資源委員会が州のレコード記録であることを公式に認定している。

「アリッサは私が竿を折ってしまうのではないかと心配していましたよ」とヘイズ氏。重量6ポンドまでの釣り糸で釣り上げたブチナマズのサイズは32インチで、バービーちゃん釣り竿よりも2インチ大きかった。

“バービーちゃん釣り竿”を手に持つアリッサちゃん(左)と釣り上げた重さ21ポンド1オンスのブチナマズを抱えるヘイズ氏(右) (AP Photo/N. C. Wildlife Resources Commission)

2008年8月23日世界びっくりニュースより


[ 2008/08/26 05:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

犬用無添加手作り石けん「ぐり石けん」 サンプルあるよ!!

1216027026_1.jpg 犬の特性を考え天然素材のみで手づくりした犬用石鹸「ぐり石けん」より、新作のオリーブ石けん2種が発売された。「ぐり石けん」は、アロマテラピーインストラクター・ペットケアアドバイザーの資格を持つオーナーが自らの手づくりで石けんを制作、人気を集めている。

今回発売されたオリーブ石けんは、水で戻せばそのまま濃縮還元アロエジュースになる、オーガニックのアロエベラ100%パウダーを配合「アロエとローズクレイのオリーブ石けん」と、「花の中の花」の別名を持つイラン・イランを中心に、ゼラニウム、ラベンダーをバランスよくブレンドした、花の香りあふれる「3種の花の香りのオリーブ石けん Happy Flowers」。いずれもベースに使用しているのはピュアオリーブオイル100%。香りづけには天然精油を使用し、防腐剤、着色料などは一切使用しないマイルドな仕上がりになっている。

また、同店では愛犬のシャンプー選びに悩む飼い主のために3種の石けんを無料で試せる「サンプルモニター」を募集している。

「ぐり石けん」HP
http://www.2style.net/fly-to-roof/guris/
[ 2008/08/24 05:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

我が家の わんこ にゃんこ キャッチコピーをつけよ~う!!

モバイルサイト「コピダス!」にてペットコンテンツが新たにオープン

1219369049_1.jpg
トライアングル株式会社(東京都新宿区、代表:鈴木洋輔)が運営するモバイルサイト「コピダス!」にて今月23日から、ペットに特化した新たなコンテンツ「ワンニャンコピダス!」が開始される。
モバイルサイト「コピダス!」は、名前と自分の写真をメールで送ると、無料でキャッチコピーのついたオリジナル写真を返信してくれるというもので、ブログやコミュニティの自己紹介画像や友達の携帯着信画像などで幅広く利用されるなど、各方面から注目を集めているエンターテインメントサイト。

今回新たに開始されるコンテンツ「ワンニャンコピダス!」では、このキャッチコピー画像作成機能が、犬猫などペットの写真で楽しめるようになった。犬用「ワンダス」、猫用「ニャンダス」に分けられ、それぞれのペット達の個性に合った面白いキャッチコピーが付けられる。ペットたちとのコミュニケーションを深める新らたなツールとして期待できそうだ。PC用ホームページからメール、もしくはQRコード読み取りにてアクセス可能。

発信日時 2008 年 08 月 22 日PetWalkerニュースより

コピダス
http://cpdas.jp/

トライアングル株式会社
http://www.try-grew.co.jp/
[ 2008/08/23 04:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

犬と一緒に楽しむ運動会

犬と一緒に楽しむ運動会「シモンズ杯第7回全日本ドッグマラソン大会」が今年も開催

1217490179_1.jpg犬と一緒に楽しむ運動会「シモンズ杯第7回全日本ドッグマラソン大会」が、10月18日、八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)にて開催。同イベントでは、当日の参加者を募集している。

ドッグマラソンは、犬と人間がリードをつけて一緒に走るスポーツで、「人と動物のコミュニケーション」のためのスポーツとして始まり、犬の種類を問わず、子供から大人まで誰でもが参加できる手軽なドッグ・スポーツとして、人気を呼んでいる。

今回開催されるのは、その全日本大会である「シモンズ杯全日本ドッグマラソン大会」。全日本愛犬スポーツ協会が主催、“世界のベッド”として愛されているシモンズ株式会社が特別協賛し、今回で7回目の開催となる。

競技種目は、愛犬と走る「ドッグマラソン1000m」の他、「小学生の部200m」「シニアの部200m」「小型犬の部200m」「中型犬の部400m」「大型犬の部400m」「男女混合リレー200m×4人(4頭)」の7種目。その他、仮装パレードやパン食い競争、抽選会といった楽しいイベントも予定されている。

参加費は、2,000円(2種目まで参加可)。参加人数は400名。申し込みは、所定の申込用紙、またはホームページからとなっている。

ドッグマラソン
http://www.dogmarathon.com

発信日時 2008 年 07 月 31 日PetWalkerニュースより




[ 2008/08/22 07:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

多摩動物公園最初のユキヒョウが死亡

2008年8月18日、多摩動物公園にてユキヒョウ「ミユキ」が死亡した。

1219221585_1.jpg ミユキ(1990年5月19日、神戸市立王子動物園生まれ、メス)は、1991年9月4日、同園に来園。同時に王子動物園から来園した兄弟の「カズユキ」(オス)と共に、同園で飼育した最初のユキヒョウとなった。

来園後、ミユキは名古屋市東山動物園生まれの「ヨシダ」との間に1996年5月2日、3頭(オス2頭とメス1頭)の子供を出産。これも多摩動物公園では初めての繁殖となった。

ヨシダとの間に5頭の子供を育んだミユキは、カザフスタンから来園したオスの「シンギズ」(2000年10月13日来園)ともお見合いをし、2003年5月4日にはメス2頭を出産した。ミユキが生んだユキヒョウの子共たちは、その多くが国内の動物園に旅立ち、希少種ユキヒョウの個体数維持に貢献していたという。

ミユキは死亡前日まで放飼場に出ていたが、2008年8月18日朝、ユキヒョウ舎内で死亡しているのを飼育担当者が確認。死因は心筋梗塞。年齢は18歳2か月だった。

発信日時 2008 年 08 月 20 日 PetWalkerニュースより

恒例イベント「第2回わんこのお祭りだぁ~い」が開催

静岡県伊豆高原、伊豆シャボテン公園にて、フードメーカーやペットと泊まれる宿などのタイアップにより、犬と飼い主さんが楽しめる伊豆高原最大のペットイベント「わんこのお祭りだぁ~い」が開催される。

同イベントは今年5月に一度開催されその反響を受けて早くも第2回目を開催。オリエンテーリング、激安犬グッズの販売、フードサンプル配布、クイズ&ゲームなどの催し物のほか、園内の動物たちを犬同伴で見学することも出来る。

10月19日の10:30~14:30から開催。大人2.500円 こども1.500円。

発信日時 2008 年 08 月 19 日PetWalkerニュースより

第2回わんこのお祭りだぁ~い
http://www.mmjp.or.jp/echobridal/sunroad.htm



犬猫たちの悲しい現実を訴える

犬猫たちの悲しい現実を訴える、児玉小枝さん写真展開催 - 山形県 -

1219038537_1.jpg 動物収容施設の犬猫たちの悲しい現実を訴えた写真集「どうぶつたちへのレクイエム」。
同写真集のパネル展「ラストポートレート~この世に生を受けて~」が、山形市・遊学館1階ギャラリーにて、今月24日まで開催されている。

写真集「どうぶつたちへのレクイエム」(日本出版社)は、ペットブームの陰で人間に捨てられた犬や猫が動物収容施設で命を絶たれている悲しい現実を、多数の写真と簡潔な文章で訴える。

著者・児玉小枝さんは、ゴミ袋に入れて捨てられた犬との出会いから、捨て犬・捨て猫の最終処分施設を取材し、各地で巡回写真展を開催。
24日まで開催されている同写真展では、児玉さんが発表した写真約70点を展示。

野良猫の殺処分をなくそうと活動する「野良猫クラブ」による企画で行われている。

発信日時 2008 年 08 月 18 日PetWalkerニュースより

表紙の子の瞳が訴えています
是非、見て欲しい本です。



[ 2008/08/19 07:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ペットオーナー参加型の動物病院検索サイト「動物病院.jp」オープン

フォーユーメディカル株式会社(東京都墨田区 代表取締役:廣田祥司)が、同社が運営する病院検索口コミサイト「お医者さん.jp」の姉妹サイトとして、全国の動物病院(獣医)や犬・猫の病気を検索できるペットオーナー参加型ポータルサイト「動物病院.jp」をオープンした。

1219024552_1.jpg 患者参加型次世代双方向病院検索口コミサイト「お医者さん.jp」は、都内の下町エリアで訪問歯科診療支援事業を行ってきた同社がインターネットの普及とともに、検索エンジンを使って病院を探す患者が増えていることに着目し、全国規模でオープンしたもので、積極的に情報開示に取り組む意識の高いクリニック(医科・歯科・動物病院)との双方向関係を図った口コミサイト。口コミ名医ランキング投票や口コミ投稿、取材記事など客観的な情報を求める患者のニーズに応えている。

今回オープンしたのはその姉妹サイトである「動物病院.jp」。ペットオーナーと地域の良い動物病院との架け橋となるペットオーナー参加型ポータルサイトとして新たにオープンし、全国の動物病院(獣医)や犬・猫の病気を検索、犬・猫の年齢換算表、獣医師選びのポイントなど役立つ情報を提供していく。メンバー登録(無料)することにより、ペットの画像を投稿できるマイページやブログ紹介なども利用可能だ。

発信日時 2008 年 08 月 18 日PetWalkerニュースより

動物病院.jp
http://www.dobutsubyoin.jp/

[ 2008/08/18 12:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

6歳からのハローワーク アニコム

アニコムホールディングス株式会社(東京都新宿区:代表取締役社長 小森伸昭)は、8月18日(月)14時より、「6歳からのハローワーク」と題して小学生の社会教育に取り組む「こどもみらい塾」の生徒たちを招き、会社見学会を開催する。

この見学会は、今年5月と7月にも開催されており、今回で3度目。将来共に社会を担っていく存在である子供たちが、勉強すること、社会人となることの意味を見出し、それぞれが個性を生かした社会人になるため、社会に触れ、その仕組みを知ることが必要であるという思いのもと開催されている。

見学会では、アニコム損害保険株式会社の「ペット保険」の仕組みを、社員による人形劇、オフィス見学などを通して、小学生にもわかりやすく説明するとともに、男子はネクタイ、女子はスカーフを着用して模擬朝礼に参加し。名刺交換、コールセンター業務の体験等を行い、社会人マナーや業務の経験できる。また、以前参加した生徒からは、「電話のお仕事がむずかしかった」「アニコムはガラスで透明の会議室とかがあって想像以上にキレイだった」「ますますワンちゃんが好きになった」など、大好評だ。

発信日時 2008 年 08 月 14 日 PetWalkerニュースより


[ 2008/08/18 08:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

盲導犬育成を通した受刑者矯正プログラム 

盲導犬育成を通した受刑者矯正プログラム 島根あさひ社会復帰促進センターにて来年より

島根県浜田市に今年10月から開設される刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」にて、受刑者が盲導犬の子犬を育てる全国初の矯正プログラムが来年4月から開始する。

同プログラムは、受刑者が盲導犬候補となる子犬と24時間生活することにより、その更生につなげるというもの。動物と心を通わすことで社会復帰のきっかけをつくり、更には現在不足している盲導犬の増加も促す。1年間、1頭につき5人の受刑者が月曜から金曜まで生活を共にし、訓練やしつけ・世話などを行う。

今年10月から開設する「島根あさひ社会復帰センター」は、初めて実刑を受けた受刑者約2000人を収容。国内で4番目に、民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式で設置される刑務所となる。

発信日時 2008 年 06 月 30 日Petwalkerニュースより



[ 2008/08/17 00:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

犬用のアイスクリーム!?

犬用のアイスクリーム!?犬のスイーツ専門店「Platinumdogs」

犬のスイーツ専門店「Platinumdogs」にて、犬用のアイスクリームが販売されている。

1215421310_1.jpg 同店は、贅沢なケーキやアイスなどのおやつを犬用のみ販売しているスイーツ専門サイトで、スイーツの種類はショコラ風、お芋系、イチゴと幅広く用意され、デザイン性が高く、見た目には人間用との区別がつかないほど。犬の健康を考えて、甘味料の使用を極力抑え、あくまでも安心のおやつを提供。製菓衛生師資格保有のパティシエが全てのスイーツを製造し、人間用のスイーツと変わらない衛生基準で作業を行っている。

同店スイーツの中でも一際目を引くのは植物性低脂肪のホイップクリームを使用した「プラチナアイスクリーム」。人間用顔負けの豪華なパッケージは贅沢そのものだ。ただあくまでも犬用なので人間には美味しくないとのこと。愛犬へプレゼントした後食べたくなっても食べてしまわないように注意したいものだ。価格は1カップ配送料別で300円となっている。

Platinumdogs
http://www.platinumdogs.jp/



[ 2008/08/16 04:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ペットとの生活がアレルギーを防ぐ!?ドイツ研究機関が発表

幼少時に家庭で犬と過ごした子供は、後になってぜん息などにつながるアレルギー反応を起こす度合いが少なくなる可能性が高い、とする研究結果がドイツ・ミュンヘンの専門家によって発表された。

研究結果では、犬の被毛によって運ばれる細菌が子供に早い段階で拒否反応を起こさせ、花粉症などの潜在的なアレルギーへの免疫力を高めるとしている。犬への早めの露出が子供の免疫力を刺激することで、喘息、アレルギー性鼻炎、および湿疹の引き金となるリスクを軽減させるとのこと。

研究はミュンヘンの技術研究機関ヘルムホルツセンター、ヨアヒム・ハインリヒ氏によって、3,000人の子供を対象に出生時から6年間行われたもので、European respiratory journalにて発表された。

(発信日時 2008 年 04 月 30 日 )Petwalkerニュースより


[ 2008/08/14 18:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夜しかみせない動物たちの素顔を観察!?上野動物園でイベント

1218443667_1.png上野動物園にて、毎年恒例となっている「真夏の夜の動物園」が開催される。2008年8月12日(火)~17日(日)まで 。

「真夏の夜の動物園」は、本来の開園時間を延長して夜の動物たちを観察してもらおうという夏期特別イベントで、すべて参加無料(入園料は必要)。 毎年開催ごとjに反響を得るなど、同園の人気イベントとなっており、昼に回るのとはまた違った夜の動物園の魅力を体験することができる。

延長時間は、東園9時30分~19時(入園も19時まで)、西園9時30分~20時(入園は19時まで) 。

普段は見ることができない夜の動物たちの顔がじっくり観察できる。18時すぎに寝小屋に入る動物もあるとのこと。




上野動物園
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/


[ 2008/08/13 04:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日本介助犬協会が新施設の愛称募集

社会福祉法人日本介助犬協会が、平成21年4月オープン予定「介助犬総合訓練センター」の愛称を募集している。

1218442318_1.jpg 同施設は、障害者の自立と積極的な社会参加を総合的に支えることを目的に平成19年度からスタートした中期5カ年計画(ハートフル計画)の柱の一つであり、日本初となる介助犬専門施設として建設。平成23年度までに良質な介助犬 10頭(年間)の育成を目指し、介助犬訓練士の養成も行っていく。

今回は、より多くの利用者および一般の認知に親しみを持ってもらうため、「人にも犬にも優しい社会」をイメージした10文字の愛称を一般から募集。詳細はホームページより確認できる。(画像:施設完成予想図)

「介助犬総合訓練センター」詳細
http://www.s-dog.jp/support/shisetsu-kensetsu.html

(発信日時 2008 年 08 月 11 日 )PetWalkerニュースより

[ 2008/08/12 10:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

電柱登った猫 助けようとした男性が感電し重傷 ‐アメリカ -

米アリゾナ州にて、電柱に登った猫を救い出そうとした男性が、30フィート(約10メートル)下の地面へ落下し大怪我を負ったという事件が報道されている。

報道によると、24歳の男性が電柱の上で動けずにいた猫を助けようとハシゴで登ったところ、その猫が男性に飛びつき誤って電線に触れ感電。男性は30フィート下の地面に落下したという。猫は3日間も電柱の上にいたそうで、男性が助けようと上った際、周囲に集まった人間は引き止めていたと現場に居合わせた住人は語る。

男性は重傷を負い、近隣の緊急センターに運ばれた。猫は感電、落下の衝撃で死亡していたという。 
( 発信日時 2008 年 06 月 06 日 )Petwalkerニュースより

男の方は元気になったかな~



[ 2008/08/10 17:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ペット博2008 in 福岡が開催!!

1218099058_1.jpg日本最大級のペットイベント「ペット博2008」が、8月8日(金)~10日(日)、福岡国際センターにて開催される。

同イベントは、毎年恒例のペットビッグイベントとなっており、ワンちゃんの大運動会や、ドッグファッションショー、ドッグダンス一芸レッスン&発表会など充実した内容が盛りだくさん。

またゲストとして、「ペット大集合!ポチたま」で日本中をだいすけ君と旅する松本秀樹さんが登場し、楽しいトークショーが開催される。

( 発信日時 2008 年 08 月 07 日 )








ペット博2008
http://www.pethaku.com/pethaku/hakata/index.html#schedule


[ 2008/08/09 09:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

激カワの癒し猫“たわし”とは!?

激カワの癒し猫“たわし”とは!?無邪気な姿が動画共有サイトで話題に

丸く澄んだ黒目に、フワフワの毛、やや短い足でよちよち歩く姿。動画共有サイト“ニコニコ動画”にて、その可愛さで絶大なアクセス数を誇る癒し系猫“たわし”が話題だ。

1210917853_1.jpg まんまるな体と可愛い耳折れフェイスの“たわし”は、名古屋の猫カフェ「な~ごな~ご」の猫スタッフとして活躍するスコティッシュ・フォールドで、正式名称はふわふわの体毛から“綿菓子(省略してたわし)”。
動画共有サイト“ニコニコ動画”に動画が投稿され、その可愛さが「ふるぬっこ(同サイトでの猫ファンによる造語:猫の魅力に打ちのめされるという意味)」と口コミで話題になった。

人気が広まって総合エンタメサイト「dwango.jp」で今年4月、「たわしねこ」として動画コンテンツの配信が開始。

今後も6月に講談社デジタル事業局「モウラ」より、DVD写真集の発売が予定されている。癒し系猫ニューフェイスとして、“たわしねこ”の活躍に注目だ。



PET WALKERニュースより


[ 2008/08/08 05:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「パンダ」金魚??

水槽の中に宿る「パンダ」金魚 - アクアマリンふくしま -

発信日時 2008 年 08 月 05 日 )

8月4日より、アクアマリンふくしま(福島県いわき市)では白黒模様の金魚「パンダ蝶尾」の展示を新たに開始した。

1217922308_1.jpg同種は1970年代後半に中国から輸入された金魚で体型は出目金似。名前に付く「蝶尾(ちょうび)」とは、尾びれの形が上から見ると羽を広げた蝶のように見えるということから名付けられたもので、これは同個体の一番の特徴として知られている。

「蝶尾」はカラーバリエーションが豊富な金魚としても有名で、今回展示が開始されたのは、白色の体で目やヒレに黒い色が入っている「パンダ蝶尾」。日本でも大変人気があるという品種で、パンダ蝶尾の他にも、赤と黒の模様をもつ「レッサーパンダ蝶尾」もいるという。展示場所は本館1階、生きた芸術 金魚コーナーにて。


[ 2008/08/07 06:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

熱中症対策にオススメ!犬の体を効果的に冷やす首輪!?

(発信日時 2008 年 08 月 05 日 )

世界から良質なドッググッズを輸入販売する「バークカフェ」が、犬のからだを効果的に冷やす首輪「Kool Collar(クールカラー)」の販売を開始した。

同商品は、首を冷やすことによって犬の体温を最も効果的に下げ、夏場でも犬が快適に安全に涼しい状態を保つことができるというアイデア商品で、暑さによる夏バテや熱中症予防に有効。

1217908615_1.jpg商品は首輪の形で袋状になっており、首に直接あたる内側はメッシュで、効率良く冷やすことができる。

同商品を開発したアメリカのメーカー「INNOVATIVE PET PRODUCTS社」は2つの使い方を提案しており、一つは、冷やすために氷を使うこと、そしてもう一つはKool Tubes(クールチューブ:保冷剤チューブ)を使う方法。

いずれも首を冷やすことで、効果的に体内の温度を下げることができる。


サイズはS、M、Lの3種類で、小型犬から超大型犬まで使用可能。カラーも豊富で、ブラック、グリーン、オレンジ、ピンク、パープル、レッド、ブルーの7色が用意されている。

夏本番の真っ只中、暑さ対策のための1つとして同商品をオススメ。

うちのワンちゃんにも付けてやろうかな~^^

バークカフェ「Kool Collar」



[ 2008/08/06 05:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ビーバーのカップルがやってきた - 鳥羽水族館 -

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)にて7月30日、同館では初めての展示となるビーバーの専用水槽がお披露目。公開日にはその可愛い仕草で来館者の注目を集めた。

1217825141_1.jpg 今回来館した2頭のビーバーは、7月18日にみさき公園(大阪)から来園したオスと、7月29日にマリンピア松島水族館(宮城)から来館したメスのカップル。この2頭は、森林内の川や湖に生息するアメリカンビーバー。

アメリカンビーバーは水辺に生えている木をかじり倒しダムをつくることで水中から出入りできる巣を作る。水中の生活に適しており、舵の役割をすると言われる平たく大きな尾と後ろ足の水かきが特徴。

来館した2頭はまだ若い個体とのことで現在はお見合い中。同館は今後の繁殖に期待している。

ビーバー専用につくられた展示水槽は、陸上部に木や植物を配置し、水槽の中央付近には上流と下流を分けるためダムを設置するなど、森林の中を流れる生息地の川が再現されている。

2008年8月4日 
ペットウォーカー ニュースより






[ 2008/08/05 07:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ロサンゼルスでチワワ犬が人気、名前は「プリンセス」が最多

E1217733359152_1_s.jpg [ロサンゼルス 1日 ロイター] 当地では、有名人たちがチワワをハンドバッグに入れてかわいがる姿がしばしば見られるようになった。そうしたチワワの名前は「プリンセス」であるケースが多いという。

 ロサンゼルス・タイムズ紙がまとめたデータ(www.latimes.com/dogs)によると、ロサンゼルス郡では約6万匹のチワワが登録されており、ラブラドールやジャーマン・シェパードといった人気犬種を抑えて、登録犬数のトップとなっている。このうち、「プリンセス」という名前のチワワが1262匹で最も多かった。これに「チキータ」と「ラッキー」が続いている。
 ペット犬を登録していない飼い主も多いため、実際にはこれ以上のチワワが同地域で飼われている可能性がある。


8月1日、ロサンゼルスでチワワ犬が人気、名前は「プリンセス」が最多。昨年2月にニューヨークで撮影したチワワ(2008年 ロイター/Meredith Davenport)

世界びっくりニュースより

私は、6歳のトイプードルと暮らしていますよ~^^



[ 2008/08/04 04:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ゴールデンレトリバーが3匹の子トラの母親に

[米カンサス州ケイニー 30日 AP] なんとまあ!カンサスの動物園でトラの子供3匹が意外な動物から母親のような世話を受けている。ゴールデンレトリバーのイザベラだ。

トラの子供たちは27日、『サファリ動物学パーク』で生まれたが、母親がすぐに育児を放棄。イザベラはちょうど自分の子供を乳離れさせたばかりだったため、母親役を買って出たらしい。

E1217578949860_1_s.jpg動物園のオーナー、トム・ハーベイ氏は「これ以上ない、完璧なタイミングでした」と語る。犬がトラの子を育てるのは珍しいこと。
イザベラは自分の子供を育てるのと同じように、子トラたちをなめ、きれいにし、母乳を与えている。
この動物園は絶滅危惧種に特化した施設。ヒョウ、ライオン、クーガー、ヒヒ、ワオキツネザル、クマなどを飼育している。
[日本語訳:ラプター]


ゴールデンレトリバーのイザベラとトラの子供3匹(AP Photo/The Daily Reporter, Rob Morgan)
世界びっくりニュースより


[ 2008/08/03 07:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

体重20kgのネコ、捨て猫だったことが判明

[米ニュージャージー州ブラックウッド 1日 AP] 体重44ポンド(約20kg)のネコが最近ニュージャージー州で保護されたが、自宅が抵当流れになってしまった女性が捨てたネコであることが明らかになった。

土曜日、あまりにも太った白いネコが保護されたため、地元では大きな話題となった。動物保護センターの職員らは「プリンセス・チャンク」との愛称で呼んでいたが、実際のところ性別はオスで“プリンセス”ではなく、名前もパウダーであることが分かった。

キャムデン郡動物保護センターのジェニファー・アンダークさんによると、今週木曜日に飼い主が名乗り出てきたという。「これまでに大勢の人からパウダーを引き取りたいとの申し出がありました」と語るアンダークさん。

パウダーは木曜日にテレビのライブショーにも出演し、番組内で獣医がオスであることを断定していた。

ギネスに登録されている「最も重いネコ」は、1980年代にオーストラリアで死亡した体重46ポンド15オンスのネコ。しかしその後、ギネス側は「飼い主が記録を狙うため無理にネコを太らせる危険がある」として、同記録のカテゴリーを廃止した。

2008年8月2日世界びっくりニュースより

[ 2008/08/02 15:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

純粋な運?1ラウンドでホールインワン2回達成

[米ミシガン州ゲイロード 29日 AP] 50年間ゴルフをやってもホールインワンを1回も経験できない人はたくさんいるが、長距離トラックの運転手のボブ・ヒッキーさん(66)は難なくそのコツを会得した。

ゲイロードのマーシュリッジの10番、167ヤードで初めてのホールインワンを達成。さらに17番、147ヤードでホールインワンを決めたのだ。

米ゴルフ誌『2000 Golf Digest』によると、1ラウンドで2回ホールインワンを決める確率は、6700万分の1だそうだ。
2オバー74でその日のラウンドを終えたヒッキーさんは「これまでに2回イーグルを決めたことはあるけどホールインワンなんてもちろん初めだ。純粋に運だと思うね」と語った。

2008年7月31日世界びっくりニュースより

[日本語訳:ラプター]



[ 2008/08/01 06:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)